tell icon

TEL

048-789-7451

ACCESS

pc icon

WEB予約

嘔吐外来ページのメイン画像嘔吐外来ページのメイン画像

Menu

Close

COPYRIGHT 2024 ねこのクリニック
2つの木のアイコン
HOME甲状腺機能亢進症

甲状腺機能亢進症

高齢なねこちゃんで、特に多い病気の1つに甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)があります。

猫の手のアイコン

甲状腺の働きとは?

甲状腺とは、ねこちゃんの喉周辺にあり、甲状腺ホルモンを分泌する器官です。

甲状腺ホルモンの働きは体中の細胞の代謝を活発にすることです。

甲状腺機能亢進症は、この甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることで、代謝が活発になりすぎる病気です。

なぜ代謝が活発になりすぎると良くないのか?

それは、

心拍数が高まりすぎて長期的に心臓に負担がかかる

血圧が上がる

腎臓に長期的ダメージが加わる

などが引き起こされるためです。

なぜ甲状腺ホルモンが過剰に分泌されるか?

ねこちゃんの場合、ほとんどの場合は良性の腫瘍または過形成、まれにがんにより起こります。なぜ過形成が起こるのかは、はっきりとはわかっていません。

甲状腺機能亢進症の症状

猫の手のアイコン

甲状腺機能亢進症の症状

よく食べるのに体重が減っていく

最も多く見られる症状です。代謝が活発になりすぎることで、食事で吸収した栄養が追い付かないためです。

水を飲む量が増える
落ち着きがなくなる
攻撃的になる
嘔吐や下痢をする
毛並みが悪くなる
などです。症状が進行すれば心臓に異常が起きたり、元気や食欲がなくなったりと重篤な症状に至ります。特に10才以上の高齢なねこちゃんで多くみられるため、年齢があがってきたら注意すべき病気です。
猫の手のアイコン

診断方法

触診

喉のあたりを触り、甲状腺の腫れがないか確認します。

血液検査

甲状腺ホルモン(通常はT4、まれに追加でFT4)の数値の上昇がみられないかを確認します。腎臓の数値、肝臓の数値なども同時にチェックします。
猫の手のアイコン

治療法

投薬

甲状腺ホルモンの合成を抑えるお薬を処方します。甲状腺を正常に戻すお薬ではなく、一生涯お薬を飲みつづける必要があります。定期的に血液検査を行ない、甲状腺ホルモンがコントロールできているかと、副作用のモニターをします。

食事療法

甲状腺ホルモンの合成に必要なヨウ素を抑えた甲状腺機能亢進症用の療法食による治療です。食事療法だけでうまくコントロールできることもありますが、他のフードを一切食べてはいけないので、継続することが難しいことも多い治療法です。

外科的治療

甲状腺を手術で切除する治療法です。手術のリスク、再発の可能性や定期的な通院・投薬がなくなるわけではないこと、年齢等と合わせて慎重に判断する必要があります。
当院では通常は投薬による内科治療を行ない、薬ではコントロールできない場合に大学病院等をご紹介することがある治療法です。
びっくりマーク

隠れた腎臓病に
注意が必要

高齢ねこちゃんの場合は、慢性腎臓病も併発していることが多くあります。その場合、甲状腺機能亢進症によって血圧が高くなっていると、検査上、腎臓病であることが隠されてしまっています。しかし、甲状腺機能亢進症の治療をしていくと、腎臓の機能低下が明らかになることがあります。

猫の手のアイコン


健康診断で早期発見を!


甲状腺機能亢進症は、早期に発見をし、早期に治療を開始することで長期にコントロールできることが多い病気です。

特に、一見病気と思わない「元気になる症状の病気」なので、特に高齢猫ちゃんでは年2回健康診断を受けましょう。

猫専門動物病院
ねこのクリック浦和への
お問い合わせ・WEB予約 Contact

ねこのクリニック浦和は予約制を導入しています。
診療をご希望の方は事前にWEB予約を済ませて、ご来院ください。
WEB予約が埋まっている場合は、お手数ではありますが、下記にお電話ください。

tel icon

TEL 048-789-7451

埼玉県さいたま市浦和区高砂3-7-2
 さくら草ビル1F
※埼玉県庁すぐ近く

電車

浦和駅 西口より徒歩7分
中浦和駅 東口より徒歩19分
武蔵浦和駅 東口より徒歩22分

バス

埼玉会館

電車

浦和駅 西口より徒歩7分
中浦和駅 東口より徒歩19分
武蔵浦和駅 東口より徒歩22分

バス

埼玉会館

MON

TUE

WED

THU

FRI

SAT

SUN

HOLIDAY

診察時間:9:00~12:30 14:00~17:00
休診日:月・日・祝

※入院、ホテル、トリミングはお受けしておりません。